呉市近郊で注文住宅・新築物件・リフォームをお考えなら呉一住宅におまかせください。

呉一住宅のお家づくり

呉一住宅のZEH

ZEH とはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。住宅の高断熱化と高効率設備により、出来るかぎりの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅の一次エネルギー量がネット(正味)で、概ねゼロ以下となる住宅のことです。災害時にもエネルギー的に自立した住宅として注目されており、政府は2020年までに「ZEHを標準的な住宅にする」という目標を掲げています。

※一次エネルギーとは石炭・石油・天然ガス・水力・原子力・太陽エネルギーなど自然界に存在するエネルギーのことをいいます。一次エネルギーを変換・加工して作られた電気・都市ガス・灯油などは二次エネルギーといいます。

省エネ+創エネ+スマート設備で
家庭で使う一次エネルギーを「0」に!

ZEHは、住まいの高断熱化や、高性能エアコン・LED、給湯設備の導入などの「省エネ」太陽光発電などでエネルギーを創る「創エネ」家庭のエネルギーの状態を見ることができる「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」を組み合わせた、「快適で高性能な住宅」です。

普通の住宅とZEHの違い

ZEHは、省エネと創エネで、1年間の一次エネルギー消費量をゼロ以下に。余った電気は売電することが出来ます。

もうすぐZEHが“スタンダード”の時代に。

(株)呉一住宅は平成28年度ZEHビルダーとして登録されました。

政府は「2020年までにネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを標準的な住宅にする」という目標を掲げています。

※「標準的な新築住宅でZEHを実現」とは、ハウスメーカー、⼯務店等が作る新築戸建住宅の過半数がZEHとなっていることを目指しています。

ZEHには国の補助金が活用できます。

ZEHの普及促進を目的に、国の補助金制度が導入されています。平成28年度は、国の補助金制度(一律125万円)が利用できます。

※平成28年度「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業」には、
国より指定された条件を満たす必要があります。詳しくはお問い合わせください。

呉一住宅の ZEHイメージ

第三者機関の評価書と外皮性能計算書付きで安心。

呉一住宅のZEHは、第三者機関の評価書(BELS住宅評価書)と外皮性能計算書が付くので安心です。

BELS(ベルス)とは、「Building-Housing Energy-efficiency Labeling System」の略称で、
国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく第三者認証制度です。BELS実施機関(一般社団法人 住宅性能評価・表示協会)が、一次エネルギー消費量をもとに建物の省エネ性能を評価し、5段階の星マークで表示します。

目標公表

(株)呉一住宅は、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)のZEHビルダーに登録しました。
今年度から2020年までの目標(ZEH、Nearly-ZEHの受給率)を公表します。

ZEH実績報告

2016年度 ZEH普及割合 33%

株式会社 呉一住宅は、2016年度におけるZEH(ネットゼロエネルギーハウス)の販売実績が33%となり、目標を上回りました。
今後も2020年の目標であるZEH比率50%の達成に向け、普及への取り組みをさらに加速させてまいります。