呉市近郊で注文住宅・新築物件・リフォームをお考えなら呉一住宅におまかせください。

呉一住宅のリフォーム

バスリフォームで漏水・冬の寒さ・危ない段差を解決♪
BEFORE
AFTER
リフォーム費用
約96万円
工期
約7日
床のタイルの目地が切れ 、漏水の心配があるとのこと、冬が 大変寒いとのことでリフォームを検討されました。
今回の提案は タイル浴室解体後、システムバスを設置することで漏水の心配をなくし、外壁とシステムバスの壁の間に断熱材を入れ 断熱性能を上げました。
また、普段より『 足が痛い・・・ 』 とおっしゃる奥様の為に 浴槽への出入りが楽にできるように浴槽周りに、手すりを設置しました。
更に、システムバスにすることで 洗面脱衣所から浴室への段差がほぼなくなりバリアフリーにもなりました。
【 システムバス : TOTO サザナHD Sタイプ 1216 】
脱衣所と一緒に浴室リフォーム
BEFORE
AFTER
リフォーム費用
約120万円(浴室・洗面)
工期
約6日
浴室は ユニットバスを提案いたしました。
ユニットバスの周りを断熱材で覆うことによって、冬の寒さ対策もしました。
ユニットバスは 汚れが付きにくく、掃除しやすいタイプにしました。
手すりも奥様の脚を考慮して設置しました。
【ユニットバス : TOTO サザナ 1216 】
フワフワしていた床のリフォーム
BEFORE
AFTER
リフォーム費用
約12万円
工期
約2日
浴室改修工事と同時工事にてダイニングキッチンの床の改修工事をしました。
既存の床はところどころ “ フワフワ ” して 『 ひょっとして床材が腐ってきているのでは?』と不安になっていたそうです。
薄い板を何枚も重ね合わせて1枚の フローリング材になっているのですが、その重ね合わせの接着材が経年劣化ではがれてきているので、 はがれたところが “ フワフワ ”してきているのが大半です。
そこで 床材の不良個所のみ新しい座板(下地材)に取替え ダイニングキッチン全体は既存の床の上に新しいフローリング材を貼る工事方法(重ね張り、もしくは 追い張り)にて工事をしました。
工事期間も短く 予算も少なく工事が出来ました。
床が変わることで 部屋全体の雰囲気も変わりずいぶん明るくなりました。
また 今までの床に新しいフローリング材を重ねるので 重ねる床材の厚み1㎝2㎜ほど高さが あがったことにより ダイニングキッチンから洗面脱衣所への床の高さが(敷居の段差)なくなり、バリアフリー工事にもなったので 大変よろこんで頂きました。